翻訳エージェント物語

「大切な想いをつなぐ」活動を行っています。 ITや美術や環境エネルギーなどの専門分野に特化した企業向けの多言語翻訳や通訳、また動画や事例制作などのマーケティングサポートを行っております。 なお最近では、外国人観光客(インバウンド)対策サービスも展開中です。

多言語化の弊害:展示スペース編5

弊社アートサイトに新しい記事を追加しました。


museumspace


今回は、ミュージアムで開催される展覧会で必ずと言っていいほど問題となる「展示スペース」と多言語翻訳の関係について記載しております。


もしご興味がございましたらご覧ください。


多言語化の弊害:展示スペース編

https://art.trivector.co.jp/contents/space/




マーケティング・経営ランキング

これからはハイコンテクストとローコンテクストのコミュニケーションを使い分けて成果を出す時代に5

弊社サイトに新しい記事を掲載しました。

hilowcontext



https://www.trivector.co.jp/contents/?p=2493


コミュニケーションは、ハイコンテクストとローコンテクストに分けられることができます。
グローバル化が加速されていくと、ローコンテクストのコミュニケーションにシフトしていきます。

この場合、日本人が得意とするハイコンテクストから変化しなければならなくなり、そこに支払われるべきコミュニケーションコストは金銭的な面だけでなく精神的にも時間的にもかかることが考えられます。

しかし、私たち日本人だからこそ対応できるものもあります。

ご興味がございましたらご覧ください。


https://www.trivector.co.jp/contents/?p=2493




マーケティング・経営ランキング

インバウンド向けの翻訳ではアート翻訳はできない5

2018年には、3,200万人を達成したインバウンド産業ですが、この産業で活躍しようと考えた場合そもそも「インバウンド」という括りはあまりにも大きい為、より細分化する必要があります。

インバウンド業界では、宿泊施設、交通機関、商業施設、観光施設、飲食店の 5大プレイヤーがあることは常識です。

このプレイヤーの周辺に、弊社のような翻訳会社や制作会社、代理店など様々な企業や団体がサポートをしている構図になっています。

特に「多言語翻訳」という観点から見る場合、勘違いしやすいのが「インバウンド向け翻訳ができる=アート翻訳ができる」という大きな誤解です。

これははっきり申し上げても構わないのですが、「アート分野の翻訳」は決定的に違います。

どちらが優れているかどうかという視点ではありません。
完全に違うのです。詳細につきましては、以下の弊社記事をご覧いただけますと幸いです。

differenceinboundarttranslation



https://art.trivector.co.jp/contents/differenceinboundandarttranslation/




さて、このようにアート翻訳がほかのインバウンド向けの翻訳とは決定的に異なっていることが分かれば、アート翻訳、ひいてはアート翻訳者で活躍するということは、簡単なことではなく、しかしながら非常に意義のあることだと、ご理解いただけるかと思います。


アートを翻訳する際には、英語だけでなく文化や歴史をはじめとした深い知識や教養を持っていなければならないため、誰でもできるわけではありません。

そこで弊社では「アート翻訳者になりたい」という方のために「アート翻訳者養成講座」を開催しています。


headerartprogram2



https://art.trivector.co.jp/contents/artprogram2/

ご興味のある方はお早めにお申し込みください。




マーケティング・経営ランキング

「アート翻訳者になりたいと思っていましたが具体的な勉強方法が分かりませんでした」5

headerartprogram2


アート翻訳者は、まさにこれからのアート業界で多く求められるようになります。

その理由として、やはりまず一番に挙げられるのは「インバウンド需要の増加」です。

インバウンド、いわゆる外国人観光客が来日するその数は、増加の一途を辿っています。

つまり、日本のミュージアムにある数々の作品が外国人観光客の目に触れる機会がこれまでよりも圧倒的に増えるわけです。


その時に「解説文が日本語しかない」状態は非常にまずいです。また「意味の分からない英文」があるのはもっと問題です。

意味の通じない英文を載せるくらいなら、日本語のままのほうがマシでしょう。

外国人観光客に「情報を正確に伝える」という視点を失ってはいけないのです。


そしてこれこそが2番目の理由です。

「情報を正確に伝える」ということは、機械翻訳に任せることではありません。

歴史や文化の知識のある翻訳者が、その背景を理解した上で翻訳しなければならないのです。
アートの文章は、抽象的なものもあれば技術的なものもあります。そのどれもにアーティストの想いや作品の背景があります。

それを理解して最適な訳文を作ることができるのはアート翻訳者だけなのです。

しかしながら様々な時代、文化、技法などを持つアート分野では、いざアート翻訳者になりたいと思っても「実際に、何から始めればいいか分からない」という方が多いのも事実です。

現に、弊社の「アート翻訳者養成講座」の受講前には「アート翻訳者になりたいと思っていましたが具体的な勉強方法が分かりませんでした」という声は多くいただいておりました。


そこで弊社の「アート翻訳者養成講座」では、基本中の基本、初歩の初歩の部分からしっかりお伝えしております。


弊社は「大切な想いをつなぐ」という経営理念のもと、ミュージアムをはじめとした様々なアート分野のお客様の翻訳のお仕事のご依頼をいただいており、末席ながら、少しでも日本のアート業界のお役に立てればという気持ちで日々業務に取り組んでおります。

日本のアート業界を盛り上げていくためにも、アート分野の翻訳者の方々のお力が必要だと実感しております。

ぜひ、この機会に「アート翻訳者養成講座」にお申し込みください。


https://art.trivector.co.jp/contents/artprogram2/



マーケティング・経営ランキング

これさえ覚えれば大丈夫!外国人観光客向け 接客英会話 32フレーズ(ミュージアム編)5

弊社アート翻訳サイトに「これさえ覚えれば大丈夫!外国人観光客向け 接客英会話 32フレーズ(ミュージアム編)」をアップしました。

museumphrases



前回は「飲食店編」ということで展開しましたが今回は、「ミュージアム編」となります。

しかも、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語の4種をご用意しました。
すべて無料で PDF でもダウンロード可能です。

ミュージアムの受付業務などでご活用ください。

※なお、内容に関しては各自自己責任でご利用いただけますようお願いいたします。





マーケティング・経営ランキング
人気ブログランキング
BlogRanking
Archives
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
Podcast 購読
「プロフェッショナル翻訳者への道」

翻訳者になりたい、翻訳の仕事をしたい人にオススメ。

ミュージアム専門インバウンド対策
美術館専門の外国人観光客(インバウンド)対策サービスでは、多言語翻訳や通訳はもちろん、音声ガイドやPR動画などもまとめて承っております。
casestudy
最新インバウンド情報
ミュージアム向け最新のインバウンド情報
inbound
ArtistVideo
アーティスト専用の動画制作プランです。世界へしっかりアピールできます。
casestudy
導入事例(日本ネティーザ様)
「トライベクトルの翻訳サービスでマニュアルや販促物を日本語化。Web サイトの更新や DTP にも対応し、業務効率を大幅に向上」


casestudy

導入事例(戸栗美術館様)
「トライベクトルの解説サービスで海外からの来館客への作品を英語で解説」
casestudy
導入事例(日本聖書協会様)
「日本聖書協会がビジュアル聖書ソフト「Glo」の日本語版制作にあたり、 トライベクトルのローカライズサービスを採用」
casestudy
法人向け翻訳サイト
recruit
IT分野専門導入事例制作サイト
art
CAE、EDA、CAD/CAM 専門翻訳サイト
art
マニュアル翻訳専門サイト ManuCom
recruit
美術・芸術翻訳専門サイト
art
個人向け翻訳サイト
recruit
エネルギー・環境分野翻訳サイト
art
字幕編集・ローカライズ専門サイト
art
メールマガジン
弊社発行のトラベクマガジンです。

「翻訳業界の仕組みやスタッフが明かす翻訳会社とは?」
「無駄なコストを省くには?」
「産業翻訳の流行を知る」
「翻訳のノウハウ・ドゥハウ」

などを中心にお届けしております。
トラベクマガジンに申し込む
弊社へのお問い合わせ
翻訳・ローカライズ、その他、お気軽にお問合せください。

お問合せ
翻訳・ローカライズナレッジベース
無料メールセミナー
全5回の無料メールセミナー

どうすれば納得できる翻訳サービスを受けることができるのか?
どうやってプロジェクトを進めると効果的なのか?


など、具体例とともに学ぶことができます。

無料メールセミナーに申し込む

※法人のお客様向けです。
翻訳会社の正しい選び方
翻訳会社の正しい選び方〜損せず得とる 5 つの秘訣〜


cover




TRADOS(トラドス)によるマニュアル翻訳
TRADOS(トラドス)を使用してのマニュアル翻訳(FrameMaker、InDesign、HTML、Word)

TRADOSによるマニュアル翻訳
プロフィール

trivector

Vision & Services
○トライベクトルについて

クライアント、パートナーと共存共栄して行くことをビジョンとしています。

○翻訳サービス&コンサルティング

【翻訳・ローカライズサービス】

IT やライフサイエンス、エレクトロニクス分野などを中心に、マニュアル翻訳や
Web ローカリゼーション、カタログやプレスリリース翻訳などを「分かる、伝わる」ワンランク上のサービスとしてご提供します。


【翻訳コンサルティング】

・翻訳支援ツールの賢い使い方とは?
・翻訳会社の正しい選び方とは?
・初めての翻訳アウトソーシングは何から始めればいい?

など、お客様ごとに完全にマッチした形でのコンサルティングです。

記事検索
  • ライブドアブログ